女子アナが好きで悪いか!!

タグ:歌手 ( 4 ) タグの人気記事

松たか子@ニッケペットケアのCMをキャプ!!

a0004577_1345429.jpg
a0004577_13451011.jpg
a0004577_1345188.jpg
松たか子の画像を3枚アップ。

松のモノマネをようつべに上げてみました。
短いので見てみてください。
松たか子、モノマネをする@ぷっすま

松 たか子(まつ たかこ、本名:藤間 隆子(ふじま たかこ)。昭和52年(1977年)6月10日 ‐ )は、日本の女優、歌手。日本舞踊の名取名は松本 幸華(まつもと こうか)。

概要
東京都出身。パパドゥ所属。
白百合学園中学校・高等学校(芸能活動のため転校)→堀越高校卒業。亜細亜大学中退。
歌舞伎俳優・9代目松本幸四郎の次女。兄は7代目市川染五郎、姉は松本紀保。伯父は2代目中村吉右衛門。
身長:165cm。体重:48kg。3サイズ:B85 W58 H86 靴のサイズは24cm。血液型:A型。
趣味:映画、舞台鑑賞。特技:ピアノ。
by Wikipedia
[PR]
by natume666 | 2007-01-15 13:58

キャンディーズ@プライム10をキャプ!!!!!

a0004577_16391942.jpg
a0004577_16392417.jpg
a0004577_16393143.jpg
キャンディーズの画像を3枚アップ。
画像上は、斜め45度からのキャンディーズ。
画像中は、背後からのキャンディーズ。
画像下は、解散コンサートでのキャンディーズ。

こないだやってたキャンディーズ特集からキャプ。
思ったのは、とにかくどの曲もキャッチーで凄く良い。
バンドの音もエッジが効いてて格好良いってこと。

それにしても当時の方がエロくないですか?
いまのアイドルより。写真上と中はないなと。
背後から撮るなんてあるんですかね、今も。
またスカートが短くて、また健康的な太股も
まぶしいです・・・

写真下は上記の通り、解散コンサートでのショットですが、
長いギターソロの間、ああして立ち尽くしてる時に
彼女らは何を思ったのでしょうか。

とにかく超格好良かったです。
しかも胸に迫るものがあって泣いてしまいそうでした・・・

キャンディーズ(Candies)は、1970年代の日本のアイドル歌手グループである。ラン(伊藤蘭、1955年1月13日 - )、スー(田中好子、1956年4月8日 - )、ミキ(藤村美樹、1956年1月15日 - )の3人組。渡辺プロダクション所属。多くの楽曲は、当時渡辺音楽出版社員であった松崎澄夫(元アウト・キャスト)のプロデュースによるものである。

略歴
3人とも東京音楽学院のスクールメイツ出身。1972年NHKの新番組「歌謡グランドショー」のマスコットガールに3人揃って抜擢され、番組プロデューサーから「キャンディーズ」と名付けられた。翌年1973年歌手デビュー。

デビュー前から人気バラエティ番組「8時だョ!全員集合」にレギュラー出演するも、しばらくはヒット曲に恵まれなかった。当時の人気アイドルは妹的イメージで売り出すことが多く、キャンディーズも初めはハイトーンボーカルのスーをセンターでメインボーカルに起用し、この路線で売っていたが期待したほど売れず、5枚目のシングル「年下の男の子」(1975年発売)で方針を転換。「お姉さん」的キャラクターのランをセンターでメインボーカルに据えて前面に出し、これが当たって初ヒットとなった。以降のシングルでは、「わな」がミキのセンターである以外はすべてランがセンターを務めた。ランをセンターに据えたのは当時のマネージャーである諸岡義明の提案によるものである。

その後も、個性の違う3人という組み合わせや、「8時だョ!全員集合」や、「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」などのバラエティ番組でコントまでこなす積極的なテレビ出演と、愛らしい振り付けを交えた数々のヒット曲により幅広い人気を獲得した。

遅れてデビューしたピンク・レディーとはライバルともいえる関係になったが、デビュー直後から社会現象的に爆発的な人気を獲得したピンクレディーに対し、レコード売り上げ等は劣勢だった。

1976年に入った頃には全員楽譜が読め、コーラスなどにも積極的に取り組むなど音楽レベルも向上。さらにはメンバーの作詞作曲による作品も多く、当時のアイドルシーンには珍しく音楽に対して前向きに取り組んでいた。後期のアルバム『早春譜』に至っては、作曲こそプロ作家との合作であったものの、全曲メンバーオリジナル(伊藤蘭名義7曲、藤村美樹名義7曲、田中好子名義6曲)による作品であった。

人気絶頂時の1977年に突如解散を発表。同年7月17日、日比谷野外音楽堂のコンサートでの発言「普通の女の子に戻りたい」は非常に有名で、流行語になっている。3人は1977年9月末で解散する意思を固めていたが、事前に所属事務所に相談せず独断で発表したこともあり、事務所の説得と話し合いの末、解散は半年間先送りされることになった。

この解散発表によってキャンディーズの人気は沸騰し、ラストシングルの「微笑がえし」では初めてオリコン1位を獲得した。一世を風靡したアイドルグループといえど解散時には人気が下降しているのが相場であり、後のピンク・レディーや、おニャン子クラブ、SPEEDなどにしても、ラストシングルは解散祝儀を併せてもオリコン1位は新鋭に譲らざるを得なかった事を考慮すれば、恐らく空前絶後であろう。人気が落ちて解散ではなく、キャンディーズは解散によって人気を盛り上げたと言える。

1978年4月4日、後楽園球場に5万5千人を集めての解散コンサートが行われ、4年半の活動に終止符を打った。この模様は全国にテレビで中継され、高視聴率を獲得している。最後に述べた「私たちは幸せでした」の口上も有名。その後は一度も再結成をしていない(この点では事務所の先輩であったザ・ピーナッツも同じである)。
by Wikipedia
[PR]
by natume666 | 2006-12-18 17:04 | キャプ

玉木宏@のだめカンタービレをキャプ!!!!!

a0004577_12522887.jpg
a0004577_12523823.jpg
a0004577_12524563.jpg
玉木宏の画像を3枚。
画像上は、エプロン姿の玉木。
画像中は、Vネックで男らしい玉木。
画像下は、爽やかな玉木。

これ、キムタク超えたんじゃないですかね。
格好良すぎ。

ドラマは、最初マンガそのままな演出で引いたけど
慣れれば何てことはなかったです。
普通に面白いのでオススメ。

玉木 宏(たまき ひろし、本名同じ、1980年1月14日 - )は、愛知県名古屋市中村区出身の俳優、歌手である。株式会社アオイコーポレーション所属。

プロフィール
身長:180cm
靴のサイズ:27.5cm
血液型:A型
趣味:カメラ
特技:水泳

略歴
1998年ドラマ「私ってへん?」でデビュー。以後、「ウォーターボーイズ」(2001年映画、2003年テレビドラマ)「愛し君へ」など、数々のドラマ、映画などで活躍。塚本高史、佐藤隆太らとの「ROCKERS」として、ミュージックステーションなどの出演を経て、2004年6月2日、ファーストシングル「Seasons」で歌手デビューを果たした。

エピソード
さくらももこのファンでもある。
性格はドSで、悪戯をするのも大好き(本人談)。
酒はテキーラのみで、大量に飲むという。
血液型は長らくB型と思いこんでいたが、人間ドックでA型と分かった。
by Wikipedia
[PR]
by natume666 | 2006-11-06 13:02 | キャプ

三浦理恵子@きよしとこの夜をキャプ!!!!

a0004577_1353848.jpg
a0004577_1354740.jpg
a0004577_135556.jpg
三浦理恵子の画像を3枚。
画像上は、照れ笑いの理恵子。
画像中は、おいしい!by 理恵子。
画像下は、コロッケを見つめる理恵子。

エピソード
・子供のとき薬指を切断する大怪我を経験。直ぐに接合手術を受けたが、現在も指が少々曲がっている。
・難しい漢字を読むのは苦手。高所恐怖症でもある。
・ネコが鳴くような独特の甘い声は、“魅惑のキャットヴォイス”と呼ばれており、実は本人は当初この声が嫌いだったと言う。後にファンから慕われたことでチャームポイントとなった。その特徴ある声のため、声優活動もおこなっている。
・あまり知られていないが桜田淳子のモノマネをしたことがある。
by Wikipedia
[PR]
by natume666 | 2006-10-24 13:13 | キャプ



ネコ大好き!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
以前の記事
タグ
profile
筆者;
natume666

RSS新着情報
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧